タイトル画像

月額933円で動画が見放題・お試し2週間無料

hulu

アメリカ発生の動画配信サービスのHulu(フールーと言います。)が最近、人気のようです。

元々はアメリカ・カルフォルニア州ロサンゼルスで始った動画配信サービスで、日本には2011年に進出してきたのですが、いまいち上手くいかなかったようで、2014年に日本テレビ放送網(NTV)に売却されてしまいました。

それが功を奏したようで、日本テレビの番組はもちろん、フジテレビを始め在京6局の番組コンテンツ、BS放送のWOWOWのオリジナルドラマなどの配信により人気が高まり、2015年には契約ユーザー数が100万人を突破しました。。

これは配信する動画がバラエティにとんできたこともありますが、当初月額1,480円の視聴料が933円(消費税別)という1,000円を切る料金になったのも大きいでしょう。

13,000本以上の映画、ドラマ、アニメが月々933円(消費税別)で見ることのできるというのはコストパフォーマンス的にも魅力だと思います。

しかもテレビ、パソコン、タブレット、スマートフォンなどあらゆるデバイスで利用できるという便利さもあります。

つまり、自宅でテレビで見ていて出かける用事ができたときなど、その続きを電車の中で見るということもできるのです(早送りなどしなくても、どのデバイスでも自動的に続きから配信されます)。

おすすめするHuluの動画は

おすすめしたい動画は、まずは海外ドラマです。最近、始まった「ウェントワース女子刑務所」は面白いです。刑務所内での女囚の物語ですが向こうの女子刑務所がけっこうリアルに再現されているようなので興味深いし、なんといっても男ではなく女囚というのも今までにない設定だと思います。ストーリーもテンポよく勧められ飽きさせません。

また、シーズン4で終了した人気ドラマ「HEROES/ヒーローズ」の最新作「ヒーローズ・リボン」もおすすめです。

あの「24 ‐TWENTY FOUR」をしのぐ視聴率を稼ぎだしたと言われる「HEROES/ヒーローズ」の続編ですから面白くないはずはありません。

とにかく海外ドラマは必見です。

また、アニメもシブいです。話題のコミック「俺物語」のアニメもやってます。最近、映画で実写化されましたが、やはりアニメの方が原作のイメージを壊しません。女性向けの漫画でしたが男性が観ても断然面白いです。

あと、講談社「少年マガジン」で連載されている森川ジョージ原作「はじめの一歩」もいいです(原作の漫画はいったいいつまで続くんだろう)。

この他にも見逃してしまった日本テレビのドラマ、バラエティの「東野・岡村の旅猿」、そしてもちろん海外、国内の映画も。

とにかく13,000本以上の動画が楽しめるんです。

↓Huluの公式サイト

Hulu

他の動画サービスと比較すると

Huluは素晴らしいのですが、ここでちょっと、他の動画配信サービス比べてみましょう。

例えばWOWOW、スカパーというテレビ局があります。

両方とも有料の衛星放送のテレビ局で、地上波のテレビ局と同じように番組編成で毎日、違った動画が放送されます。

WOWOWは最新作の映画に強いし、アーティストのライブ、スポーツ中継なども配信しています。

スカパーは数十局という多チャンネルで、ありとあらゆる分野の番組を放送しています。

コンテンツ的にはWOWOW、スカパーの方が新しい作品が多いと言えましょう。

そしてほとんどがフルHD画質です。Huluも綺麗ですがHD画質で少し落ちます。

でも、料金的にはHuluは勝ってます。半分以下の料金で利用できます。

面倒なBSアンテナの設置なども必要ありません。

空いた時間にチョコチョコと動画を楽しめる。税込1,000円ちょいの価格で。

今なら2週間無料で試してみることもできるので、まずは申し込んでみたらどうでしょう。

2週間あれば、どんな動画があるのか感覚でわかるし、スマホやパソコン、テレビで見て具合を確かめることもできるでしょう。

試してみて自分には向いてない、面白い動画ないとなったらやめればいいのです。

キャンセルもパソコンやスマホでできますので面倒はないです。

まずはトライアル。

↓ 2週間無料のお試しはこちらから

↓Huluの公式サイト

Hulu
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com